アイコン

概要

アルコールチェックの義務化が白ナンバー車にも拡大。準備は万全ですか?

管理者は通常の点呼に加え、運転者の酒気帯びの有無を確認したり、確認した日時、運転者名、車両識別番号を合わせて記録しなければなりません。これをアナログな方法で行おうとすると管理者の負担は増大します。安全運行の要となる点呼業務ですが、時間や労力をかけない仕組みが必要です。

スマートフォンと連携するアルコールチェッカーなら検知結果を管理者に自動通知してくれるので記録や収集の手間がありません。顔写真と位置情報付きで不正防止にも役立ちます。本資料では、毎日の点呼業務をラクにできるアルコールチェッカーをご紹介します。

アイコン

目次

  • 法改正に伴うアルコール検知器の需要急増

  • 機器選び前に知っておくべき仕組み

  • おすすめアルコール検知器4選

    • アルキラーPlus(パイ・アール)

    • アルブロ FC-1000(タニタ)

    • AC-018(東洋マーク製作所)

    • ソシアック・ネオ SC-502(中央自動車工業)

    • 参考:テレニシ社「ホワイト安全キーパー」

  • 詳細スペック表

  • 価格だけではなく目的で選ぶことの重要性

アイコン

想定する対象者

  • アルコールチェックの仕組みやアルコールチェッカーの導入を検討している方

  • 点呼業務の省力化や時間短縮を図りたい方

  • 点呼業務の形骸化や不十分な確認体制に課題をお持ちの方

アイコン

資料の仕様

  • PDF形式(1.53MB)