アイコン

概要

2021年以降、全省庁を対象にデジタル化を阻む規制を抜本的に見直す動きが顕著になっています。契約締結業務はデジタル化の検討が進み、2021年1月に改正・施行された地方自治法施行規則改正によって、地方自治体でも電子契約が利用可能になりました。

本資料では、契約締結業務をデジタル化による「コスト・工数削減の効果」を福井県坂井市の実証実験結果を含めてご紹介します。
自治体に押し寄せるデジタル化の波に、対応する電子契約サービスの導入効果をご確認ください。

アイコン

目次

  • 自治体で電子契約が利用可能に

  • 電子契約で実現する締結業務のコスト削減と効率化

  • 福井県 坂井市での実証実験

  • 電子契約サービス選定のポイント

アイコン

想定する対象者

  • 自治体行政手続きオンライン化を検討している方

  • 自治体DX推進をご担当の方

  • 電子契約サービスの導入をご検討中の方

  • 契約書の手続き運用、管理でコスト削減を検討の方

アイコン

資料の仕様

ページ数:16ページ