アイコン

概要

コロナで世界は激変し、世の50%の企業がDX推進を「加速」したともいわれています。 そこで今回紹介するのは「データ統合」というキーワードです。データを統合することで企業は意思決定が早くなり、リソースも投資も適切化され、優位にビジネスを進められます。


しかしながら、現実にデータを活用できている企業は希少と言え、いざデータを活用しようすると様々な課題にぶつかります。データは分散状態(サイロ化)で整合性を保てず、処理する人員のリソース確保は困難であり、コストの増加も問題です。それらの課題を抱えながらデータの活用を模索することは非常に困難です。


そこで、ソフトバンクはデータの統合をご提案します。それはデータウェアハウス(DWH)の構築も意味します。

本資料ではそのデータデータウェアハウスの構築に必要なステップと内容をご紹介します。