RPAやAIを活用した場合の業務自動化モデル提案

資料名:RPA・AI簡単チェックご説明資料

業務を自動化する代表的なテクノロジーといえばRPAやAI(人工知能)ですが、実際の業務にどのように活用すればよいのかわからず、業務の効率化がなかなか進まないという企業も少なくありません。
ソフトバンクでは実際の業務プロセスと時間を把握し、業務プロセスのムダや自動化できる項目を見極め、4,000人分の業務時間創出に向けテクノロジーの徹底活用に取り組んでいます。そこで得られたノウハウをもとに、お客さまに代わって①業務プロセスの可視化、②業務の自動化計画立案、③費用対効果試算を行っております。詳細はこちらの資料をダウンロードしご確認ください。

想定する対象者

  • 業務のデジタルシフトが思うように進まない、どのように進めたら良いかわからない

  • AIやRPAの活用用途が具体的に定まらない、メリットが社内に浸透しない

  • AIやRPAを担当する適切な人材がいない

下記フォームにご入力の上、「資料をダウンロードする」ボタンをクリックしてください。