そのテレワーク環境、安全ですか?
攻撃者の視点から読み解くサイバー攻撃手法

~最新事例と取るべきセキュリティ対策~

テレワークの導入が進む一方で、セキュリティの脆弱性を狙った標的型攻撃などのサイバー攻撃により、企業に損害がもたらされるケースが増えています。サイバー攻撃は事前に入念な調査を行ったうえで、複数の攻撃手法を組み合わせて実行されています。決まったパターンや侵入ルートというものがなく、対策にあたっては先回りして攻撃者の考えや行動を事前に把握することが大切です。

本ウェビナーでは、セキュリティコンサルティングを行う株式会社CISOの那須様にお話しいただきます。攻撃者はまずは何を調べ、どのように侵入するのか、具体的な事例を挙げながらその対策についてご説明いたします。企業の大切な情報を守るために取るべき対応について知りたい方、セキュリティ対策について悩まれている方はぜひご参加ください。

  • 日程:2021年5月12日(水)

  • 時刻:14:00-15:00

【想定する対象者】

  • セキュリティ対策を検討中の情報システム担当や経営層の方

  • 自社のセキュリティ対策が十分であるか不安を抱えている方

  • 最新のサイバー攻撃の事例を知りたい方

【アジェンダ】

  • サイバーセキュリティの現状

  • サイバー攻撃被害の最新事例

  • 取るべきサイバーリスクへの対応・備え

  • 質疑応答

那須 慎二 氏

株式会社CISO
代表取締役

中堅・中小企業を対象とした情報セキュリティのコンサルティングをはじめ、企業からの依頼による講演活動、報道機関(NHK)出演や新聞(日経産業新聞、他)でセキュリティに関する情報提供を行うなど、幅広く活動。