DXの本質から読み解く、CDP
(カスタマーデータプラットフォーム)の重要性

~基礎から知りたい方に向けた入門編~

企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)は、あらゆる業界において「やるか、やらないか」ではなく、「いかにやるか」に論点がシフトしています。その背景には新型コロナウイルスで大きく変わった顧客の行動があります。コロナ禍ではスマートフォンへのオンライン常時接続が当たり前になり、また、移動自粛などの経験を経て、全く新たな生き方や暮らし方を志向するなど、価値観にも大きな変化が起こっています。企業はこれまでとは違う「新しい顧客体験(CX)」を提供するために、顧客を深く理解する重要性が大きく増しているのです。

本ウェビナーでは、DXの本質とは何か、顧客起点のDXをいかに実行していくべきかを解説するとともに、顧客を理解するのに欠かせないCDP(カスタマーデータプラットフォーム)について、トレジャーデータの大津留様よりお話しいただきます。DXとCDPの基本的なポイントを押さえておきたい方はぜひご参加ください。

【想定する対象者】

  • DXを進める基本的なポイントを知りたい方

  • CDPに興味がある方

  • 企業でDXを推進しているマーケティング担当・デジタル推進担当・情報システム担当の方

【アジェンダ】

  • あらためてDXとは

  • なぜDXが必要なのか

  • CDPの役割とは

  • 質疑応答

大津留 博文 氏

トレジャーデータ株式会社
ストラテジーオフィス・ディレクター

ソニーにて商品広報を経験した後、戦略コンサルティングファームにて大企業向けコンサルに従事。多様な得意先に対し、新規事業やマーケティング戦略の立案・実行を支援。デジタルトランスフォーメーションの加速に貢献すべく、トレジャーデータに参画。