ニューノーマル時代に求められる、
マーケティングの変化

デジタルデータを活用した顧客対応に必要な3つのポイント

新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの購買行動が強まる傾向があります。顧客との接点が変化していく中で、従来のマーケティングも変革が求められています。
データビジネスコンサルティングで実績を有するインキュデータの担当者より、デジタル上で可視化できる情報を活用したこれからの顧客対応について、3つのポイントで説明します。また、そのポイントを踏まえてどのような支援ができるか、事例を交えお話しします。消費者の購買プロセスがどのように変化したのか、そうした変化にどう対応すればよいかお悩みの方に、ぜひご視聴いただければと思います。

ME3303_image1.jpg

  • 日程:2020年9月25日(金)

  • 時刻:11:00-11:45

【想定する対象者】

  • 購買行動の変化に伴う戦略策定をしているマーケティング担当者

【アジェンダ】

  • コロナの影響による行動様式の変化

  • ニューノーマル時代のセールス・マーケティング改革

  • 顧客事例

  • 質疑応答

二之宮 亮人

インキュデータ株式会社 データビジネスコンサルティング本部

インキュデータにて、CDP・コンサルティングサービスにおけるマーケティング業務を担当。 前職ではAdobeにてMarketoの提案・導入支援活動に従事し、 現在に至るまで、デジタルマーケティング分野においてSaaSプロダクトに携わっている。