顧客接点強化としてのLINE WORKS活用事例とデータ分析
~Chat、Bot、RPAを活用したデジタルマーケティング戦略~

マーケティングのデジタル化に取り組む企業が増える一方で、
当初の見込み通りに効果を出している企業は少数という実態もあります。

顧客や取引先との接点もメールや携帯電話だけではなく、プライベートのSNSでやりとりされるケースが増えてきましたが、
従業員のプライベートと仕事の連絡手段は分けたいという声も無視できません。
オムニチャネル化が進む中で顧客接点を起点にマーケティングや営業活動を効果的に行うにはどうしたら良いのか?
​本セミナーではコンシューマー市場で7,900万人以上利用されているLINEと唯一連携可能なビジネスチャット「LINE WORKS」を使った、顧客接点強化への活用法及び、ソリューション連携を軸としたエコシステムのご説明と、 デジタル化に取り組む中でLINEユーザーの商談情報を管理できる営業支援ツール「Rekuru(ジェネストリーム社提供)」と併用して、
どのようにマーケティングや営業力強化を実現するかをご案内いたします。
今回は9月リリース予定のSFAとの連携機能を交えてご紹介いたします。

開催概要
日程  2019/8/26(月) ①10時~11時30分 ②13時30分~15時 ③16時~17時30分
 ※受付開始:各回30分前
場所  〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 東京コンファレンスセンター品川 ★アクセスマップ
定員  各回20名 ※定員になり次第締め切らせていただきます
参加費  無料
主催  ソフトバンク株式会社
共催  ワークスモバイルジャパン株式会社 株式会社ジェネストリーム


プログラム

10時00分~10時10分
(10分)

ソフトバンクのコミュニケーション戦略について
 ソフトバンクのコミュニケーションツール戦略とその中でLINE WORKSとREKURUの強みについてご紹介させていただきます。

ソフトバンク株式会社
宇田川 大輔

10時10分~10時40分
(30分)

LINE WORKSが業務の入り口に?パートナーエコシステムでさらに広がるチャット活用
 LINE WORKSはビジネスチャット国内シェアNo.1、27,000社(※グローバル合算値)を 超える企業様にご利用いただいているコミュニケーションツールです。  普段皆様がお使いのLINEのトーク以外にも、グループウェアとしてご活用いただける 「掲示板」「カレンダー」「アンケート」等の様々な機能を有しておりますが、ビジネスにおける幅広いニーズに応えるために、トーク機能をフロントエンドとしてパートナー企業の得意分野サービスと組み合わせた、ソリューション連携を提供しております。 本セッションではLINE WORKSの最新事例を交え、チャット活用についてご説明いたします。

ワークスモバイルジャパン
株式会社 
内藤 佐知子 氏

10時40分~11時10分
(30分)

LINE活用で売り上げUP! LINEユーザー心理から読み解く、ビジネスモデル別最新LINE営業事例をご紹介
 コンシューマー市場で日本人口の約60%にあたる7,900万人以上利用されているLINE。 今成長している企業やチャレンジャー企業は、マーケティングだけではなく営業現場でも積極的にLINEを取り入れています。しかしまだまだ活用ノウハウが公開されておらず、実際にどう活用し、どうKPI設定を行い、どう成果を上げていくのかが見えにくいのも事実。 そこで本セミナーでは、明治安田生命様の事例を中心として、BtoC、BtoBtoC企業様の事例も整理し、各企業様が実際に抱えていた営業課題とその解決に向けたLINEの活用方法をご紹介いたします。 さらにLINEがなぜ営業の現場で活用されるのかを、LINEユーザーおよび営業マンの双方の視点から整理し、俯瞰的な視点からもLINEの営業現場での有効性をご説明いたします。

株式会社ジェネストリーム 代表取締役 秋貞 雄大 氏

11時10分~11時30分
(20~50分)

質疑応答・個別相談会
※時間を過ぎた場合は個別の相談会会場での対応になります。
※プログラムは都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※タイムテーブルは10時の回を例としています。
お問い合わせ先 :ソフトバンクLINE WORKSセミナー事務局<<[email protected]>>